コトンのブログ

ミシン、どう選ぶ?

アトリエコトンのブログです。
ウィリアムモリス生地作品ソーイング作家
洋裁教室・パッチワーク教室
@尼崎・西宮・大阪・神戸、オンライン

こんにちは、アトリエコトン 朴です^^

良くご質問をいただくことのひとつに、

「ミシンを買いたいけど、選び方がわからない」

というものがあります。

確かに!

決してお安いものではないですし、お家での「存在感」もかなりのものです。

でも、ミシンほしい!

楽しくソーイングしたい!

というあなたの、背中を押して差し上げたいと思います(^^)/

基準は、「値段」「機能」このふたつ。

メーカーは、好みでよいと思いますが、私の「推し」も、ご紹介しますね。

まずは、「値段」

理想は、定価でズバリ!7万円くらいのものです。

そこから、お店の割引などが使えたら20%OFFくらいにはなるでしょう。

理由は、お安いものだと、

サイズが小さすぎる(使いづらい)、

モーターが貧弱(こわれやすい)

なので、トラブルが起きやすく、使っていても楽しくなくって、ストレスになってしまうと思います。

次に「機能」

一番大事なのは、

「直線がキレイに縫えること」

です。

文字入れや、模様縫いが豊富だと、テンション上がりますが、、

使うことは、ほぼありません。

入学準備などで、文字入れしたい、と思われるかもしれませんが、一文字入れるのに、結構な時間がかかります。

そのほか、欲しい機能は

「自動糸切り」(作業効率が格段によい!)

「フットコントローラー」(両手が使える)

です。

定価7万円くらいのクラスであれば、たいていついていると思います。

最後に、私の推しメーカーは・・・

JUKI(ジューキ)です(^^)/

工業用ミシンのシェアが高く、その技術が家庭用ミシンにも活かされています。

LINEでご質問いただければ、個別にお応えさせていただきますね~♪

~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

BEST OF MORRIS®の生地を取り扱っています~
モダンデザインの父、ウイリアム・モリス。
彼がこよなく愛したのは、 美しい自然と伝統的な手仕事でした。
BEST OF MORRIS®は、ウィリアムモリスが手掛けたデザインと、
未来へのメッセージが込められたテキスタイルブランドです。

 

関連記事

PAGE TOP