コトンのブログ

1本?2本? もう迷わない♪

尼崎・西宮など阪神間で洋裁教室・パッチワーク教室をしている、アトリエコトンのブログです。
BEST OF MORRIS®生地を使った作品のオーダーとレッスンを承っております♪

こんにちは、アトリエコトン 朴です^^ 縫ってる時が超シアワセ♪

本日は、初心者さまのための「お裁縫入門編」シリーズをお送りしますね♪

1本?2本?迷ってたあなたも、もう迷わない♪

生徒さまより、このようなご質問をいただきました。

「糸の1本どりと2本どり、使い分けは、どうしたらよいですか?」

ご質問ありがとうございます!

それぞれの特徴をお話しますね。

1本どりのメリット

1本どりとは、針に通した糸の、一方だけに玉結びを作り、1本の糸で縫い目を作る方法です。*縫い目が細く、目立ちにくい

*糸の消費量が少ない

*もつれにくい

2本どりのメリット

2本どりとは、針に通した糸を、2本そろえて玉結びを作り、2本の糸で縫い目を作る方法です。*糸が輪になっているので、針を落としてしまっても、抜けない。

*縫い目が丈夫に仕上がる

結論♪

目立たない縫い目のためには「1本どり」

丈夫な仕上がりのためには「2本どり」

そして、針を持ち慣れていない、初心者さまには、私は「2本どり」を、おススメしています♪

なぜなら…

初心者の方ほど、「無駄な力」が入っています。(なんでも、そうですね^^)

つい、手が滑って、針が落ちてしまう!

その時、1本どりですと、針の紛失の恐れがありますね。

こわいこわい!

その点、2本どりですと、糸が「輪」になっているので、落としても、針は通ったままです♪

安心して、手縫いが楽しめますね!

あとは、2本どりのデメリットである「もつれやすさ」

これは、まめに、糸の「ねじれ」をほどいてあげることで、解消されます。

昔の電話機の、くるくるしたコード。

「ねじれ」を、ほどくとき、受話器をブラーんとしますよね。その要領です♪

縫っている間に、糸がねじれていますので、時々、針をぶら~んとしてあげると、良いですよ!

針を持つことに慣れてきたら、

目立たないようにしたいのか?

丈夫にしたいのか?

希望の仕上がりに合わせた方法で、キレイに縫えると思います♪

いかがでしたでしょうか?

ちょっとしたことですが、知っていると、手縫いがはかどる「コツ」をお伝えしました。

お教室では、プライベートレッスンで、初心者さまも気兼ねすることなく、お稽古ができます♪

あなたも、お裁縫に関して、疑問に思っていること・・・

小さなことでも、けっこうです~~(^^)/

LINEでお気軽に、ご一報くださいね^^/

BEST OF MORRIS®の生地を使用しています~
モダンデザインの父、ウイリアム・モリス。
彼がこよなく愛したのは、 美しい自然と伝統的な手仕事でした。
BEST OF MORRIS®は、ウィリアムモリスが手掛けたデザインと、
未来へのメッセージが込められたテキスタイルブランドです。

 

PAGE TOP